ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > よっちゃんの ここだけのはなし Vol.80

よっちゃんの ここだけのはなし Vol.80

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

 Vol.80 農業に未来あり

谷口市長トラクターに乗る市長  「農」は国の基本である。
 ところが、国は約40年前から減反政策を実施してきた。これは、根本的に誤った施策だ。
 私は五反百姓の息子で「農」の大変さをよく知っている。小さい頃、ごはんを残すとひどく親から怒られてきた。
 昔はぷーんと匂うご飯も食べた。うちの畑では、よくスイカ、マッカウリ、クリも盗まれた。戦後、生活は苦しかったが、それでもみんな夢と希望を持って、「何くそ!」の気持ちで頑張ってきた。ボクは「大地の子」だ。
 今、農業だけでは生活が維持できないので、みんな他の仕事についている。それによって、放棄田もどんどん増えている。

 我が国の食糧自給料は4割を切った。先進国では日本だけだ。日本は人口が減少して、米を食べる人も減ってきている。一方、世界はどんどん人口が増えているし、食糧難の国も出始めた。日本も今のうちに自給率を上げていかないと食糧難の時代を迎えることになる。根本的に現在の農業政策を早急に見直さないといけない。
 農業に未来が持てる国づくりが急がれる。
(トラクターにまたがりながら、by よっちゃん)
 ここだけのはなし

2008年7月25日 相生市長 谷口 芳紀