ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > よっちゃんの ここだけのはなし Vol.57

よっちゃんの ここだけのはなし Vol.57

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

Vol.57 「夕張から 土佐から 須崎へ」

夕張市めろん城にて高知城特設会場にて高知城の板垣退助像前 つぶれた夕張市の「めろん城」へ行ってきた。これから夕張の人々は塗炭の苦しみの暮らしが始まると思えば他人事とは思えない。気が引き締まる。

 高知城内の板垣退助の銅像の右手は四民平等を唱えている。格差を無くすためにも、私も死力を尽くす。
「谷口死すとも “西播磨市”は死なず」

 「〇〇様は△△が一国一城の主にしてみせます」人生、山あり、谷あり、川あり。二人三脚で頑張ろうぞ!

須崎ドラゴンチーム:月下美人 今年は、須崎市ドラゴンカヌーチームの“月下美人”と記念写真。夜、美しい花を咲かすがすぐしぼむので、レースは見なかった。
 ここだけのはなし

2006年8月10日 相生市長 谷口 芳紀