ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > よっちゃんの ここだけのはなし Vol.144

よっちゃんの ここだけのはなし Vol.144

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月25日更新

Vol.144 惜しかった!!  

 ボクは、米百俵の精神から「相生市の百年の計は教育にある。まちづくりは人づくりから始まる。」との思いで子育て応援都市11の鍵<外部リンク>宣言を行い、「11の鍵」として、いろいろな人づくり施策を続けてきた。 
 そこで、長岡市米百俵財団の米百俵賞に応募した。これは、いろんな分野で独創的な活動により人材育成に大きく貢献した個人・団体に贈られる賞だ。
 相生市が人づくりのまちとして認められ、広く認知されることで活性化につながればと考えたから応募したのだが、惜しくも受賞できなかった。 

 今年は、ミャンマーの医療環境の改善に向け地道に支援活動を続けておられる内藤新潟大学名誉教授が受賞された。 
 でも、これからもこの思いを忘れることなく、人材育成をしていこうと思う。
 しかし、国際的なものと比べると相生市の施策は小さいと思われるかもしれないが、市にとっては将来がかかる重要な施策だ。今回はダメでも、次に期待しよう。

ここだけのはなし

                                           2014年3月25日 相生市長 谷口 芳紀