ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > よっちゃんの ここだけのはなし Vol.14

よっちゃんの ここだけのはなし Vol.14

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

Vol.14「小さくともキラリと光るまち」

ボクのかがし  今月9日、10日と羅漢の里でもみじまつりを開催した。相生では5月のペーロン祭と並ぶ2大イベントで、今年で15回目だ。よ~けの人が来てくれてよかった。相生のもみじまつりは、かがしがいっぱい並ぶので、別名“かがしまつり”とも言う。今年も1,300体余り出品されて、優勝したのが、よっちゃんの「時代は変わる、西播磨市構想」だ。時宜を得たもので、内心喜んでいる。まつりが終わっても、どこかへ残しておきたいと思う。また、同時に東寺領荘園サミットが開催された。会長は、岡山県の新見市長さん。中世、矢野荘が京都の東寺の荘園だった。そういうところが、全国に78カ所もあったそうな。元東寺領荘園同士が交流しようとするのがサミットだ。新見市長とお話をしていると、新見市は全国で初めて選挙で電子投票を採用して、一躍有名になった。その経済効果で、全国から多くの視察が押しかけ、電子まんじゅう、電子弁当も生産が追いつかないという。人口24,000人の小さい市だけど、キラリと光ることをしている。私も新見市に負けないよう、小さくとも、おもしろくてキラリと光るまちづくりをしたいと、つくづく思う。ここだけのはなし。

2002年11月13日 相生市長 谷口 芳紀