ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > よっちゃんの ここだけのはなし Vol.100

よっちゃんの ここだけのはなし Vol.100

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

Vol.100 かゆいところに手が届く市政を!!

孫の手を使う市長 記念すべき100回目。
 このコーナーも100回を迎えた。皆さんの力強いご声援で継続することができました。ありがとうございます。
孫の手など さて、今、自治体も地域も大きな変化の中にあり、多くの困難な課題を抱えている。ボクの尊敬するマザー・テレサは「この世で最も不幸なことは、自分が誰からも必要とされていないと感じることである」との言葉を残されている。これは、人と人とのつながりを通して、自分が誰かに必要と感じられるときに幸せを感じることであり、奉仕の精神の大切さを伝えている。
 大きな変化からは戸惑いや不安が生まれますが、相生市に住む一人ひとりがお互いの信頼の「絆」を築きながら、市民の誰もが、誰かに必要とされているということが感じられるような環境を作り出すことで少しでも解消できてくるのではと思う。
 話変わって、例の赤穂の後輩が、約束通り、孫の手と自分にむち打つ棒を作ってきてくれた。うれしい。かゆくなったら、これを使おう。
 ここだけのはなし

2010年4月8日 相生市長 谷口 芳紀