ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > よっちゃんの ここだけのはなし Vol.6

よっちゃんの ここだけのはなし Vol.6

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

Vol.6 「庄屋さん役でデビュー」

役者デビュー

3月3日に開催された子供ミュージカル「空へ」を多くの人に観ていただき、どうもありがとうございました。
 この一年間、子供たちは観る人に夢と希望と感動を与えたいと、一生懸命、練習を重ねてきました。楽しんでいただけたでしょうか。子供たちは輝いていました。不登校ぎみの子も積極的に取り組んでくれ、とてもうれしく思いました。また、子供たちが履くわらぞうりは、榊地区の有志のみなさんが作ってくれました。ありがとうございました。わたしも庄屋さん役でゲスト出演しましたが、子供たちに迷惑がかからないよう、また子供たちに負けないよう、精一杯踊ったつもりです。
 4月から学校が週5日制になりますが、学校から離れた場所で、チャレンジ精神を忘れることなく、踏まれるほど強くなる麦のようにたくましい相生っ子に育ってほしいと切望しています。
 教育こそが市の将来にとっての最重要課題と位置づけ、「相生市教育フロンティア事業」として体系化を図り、学力向上のための特色ある学校づくりをはじめ、小学校から英語になじめるよう外国人英語指導助手の増員や環境教育の推進、そして、総合的な学習を支える地域人材活用や学校図書室の充実等、教育改革への士気を高めてまいります。
 この子供たちがいつまでも夢と希望を大切にできる町を、私もみんなと一緒に力を合わせてつくっていきたいと思います。市民の文化・芸術の向上のため、力一杯働きます。
 今回のミュージカル開催にご尽力いただいた相生市音楽協会、相生ミュージカル制作協議会のみなさんに、心からお礼を申しあげます。

 2002年3月4日 相生市長 谷口 芳紀