ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > よっちゃんの ここだけのはなし Vol.41

よっちゃんの ここだけのはなし Vol.41

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

 Vol.41 「桜の季節 新年度がスタート」

市長室にて いよいよ桜の季節の到来です。皆さんお元気? 私は元気!
 3月1日から新快速電車が大増発され、一昨年の新幹線ひかり号毎時停車と併せ、相生駅の利便性が格段に向上したことは、相生市のみならず、播磨科学公園都市などを含めた西播磨地域全体の発展に貢献するものと確信しています。
 いま地方公共団体においては、行財政基盤の強化や、多様化・高度化する行政需要への対応など多くの課題が山積しています。そのために私は、一つの方策として昨年10月に「西播磨広域連合構想」を提唱し、合併新法も視野に入れながら広域行政による事務の効率化等を進めていきたいと考えています。
 また、このたび財政SOS宣言をしました。今後、益々厳しい財政状況が予測されることから、思い切った事務事業の見直しを行っていかないと、市の行財政運営が成り立っていかないと考えたからです。そのために今年度中に財政健全化計画を策定する予定です。私ども行政が徹底的な効率化を図ることは勿論でありますが、市民の皆さんにもご辛抱をお願いせざるを得ない部分も出てくるものと思います。
 アメリカの第35代大統領でありますジョン・F・ケネディが就任演説の中で「 ask not what your country can do for you ask what you can do for your country.」(国家があなたに何をしてくれるか、ではなく、あなたが国家になにをできるかを考えてください。)といっております。国家と地方公共団体という違いはありますが、市民の皆さんが地域のために何ができるのか、そういった意識を持っていただくことも大切なのではないかと考えておりますので、よろしくご理解、ご協力をお願いします。
 今年度もがんばって「ここだけのはなし」を毎月1回更新しますので、よろしく。
 ここだけのはなし

2005年3月2日 相生市長 谷口 芳紀