ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > よっちゃんの ここだけのはなし Vol.31

よっちゃんの ここだけのはなし Vol.31

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

Vol.31「龍馬先生に会わせる顔がない いよいよ“夏のソナタ”も中盤へ!」

龍馬先生のお墓前にて 先日、京都まで行って龍馬先生の墓に額づき、自分の不甲斐なさをわびてきた。
 龍馬先生は、犬猿の中の薩長の橋渡しをして、江戸幕府を倒し、新しい日本の礎を築かれた。今の日本の現状、そしてこの西播磨のていたらく(不甲斐なさ)をさぞかし嘆いておられると思う。本当に申し訳ない。
 夏のソナタは、コジン(女性)と二人の男性の三角関係の韓国ドラマで、今、日本でも爆発的にヒットしている。コジンさんは、どちらの男性を選ぶか迷っているところ。一人の男性はコジンの同意もなく強引に・・・・・・。
 もう一人の男性は、「コジンがどんな結論を出そうと、ボクはコジンをいつまでも大切に思っていますよ」と告げる。
 ボクも、かみごおりの○○ちゃんにポラリスのネックレスをプレゼントして「すべての星が移動しても、ポラリス(北極星)はずっと同じ場所で輝いているんだよ。ボクが君のポラリスになってあげる。もう道に迷うことはないよ。」と言ってあげたい。
 かみごおりの○○ちゃん キダリュケヨ(待ってるよ)。ここだけのはなし。

2004年6月22日 相生市長 谷口 芳紀