ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > よっちゃんの ここだけのはなし Vol.104

よっちゃんの ここだけのはなし Vol.104

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

Vol.104 オリーブの研究

同級生と市長 同級生で、小豆島にオリーブの研究に行ってきた。
 100歳近い聖路加国際病院の日野原先生が毎日必ずオリーブオイルを飲んで、元気に頑張っておられることを知り、相生のまちでも、オリーブをたくさん植えて、オイルにして飲んで、みんなを元気にしようという目的です。
 海が見える山にオリーブ園を造ろうとか、女性陣は朝から帰ってくるまで、しゃべりっぱなしだった。一種の病気かと思えるくらいだ。何という病気だろう!
 大石先生の二十四の瞳の舞台となった、岬の分校へも行った。
(先生)「みなさん、オリーブは体に良いと思いますか?」
(生徒)「ハーイ!」
 二十四の瞳でなくて、十八の瞳だ。
 女性陣がオリーブオイルを飲み、ますます元気になって、しゃべりまくると思うと少し怖い気もする。
 お土産に「小豆島の月」と「二十四の瞳」とオリーブドロップとオリーブちゃんを買った。しょうゆソフトクリームも食べた。
 ここだけのはなし

2010年8月4日 相生市長 谷口 芳紀