ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

精神保健福祉手帳の手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月11日更新

精神障害者保険福祉手帳とは

精神に障害がある方は、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けることができます。手帳を持っている方は、社会参加の援助となる様々なサービスを受けることができます。有効期限は2年となっていますので、有効期間内に更新手続きを行ってください。自立支援医療(精神通院医療)との同時申請も可能です。

新規の交付

申請に必要なもの

診断書を使用する場合

・申請書(用紙は市窓口にあります)
・診断書(用紙は市窓口にあります)
・写真(たて4cm×よこ3cmの上半身が写ったもの)
 ※6ヶ月以内に写したものをご用意ください。
 ※カラープリンタ等で印刷したものはご遠慮ください。
・印鑑

精神の障害を理由に障害年金を受給している場合

・申請書(用紙は市窓口にあります)
・年金証書・直近の振込通知書または支払通知書(←両方揃っていない場合は手続きできません)
・同意書(用紙は市窓口にあります)
・写真(たて4cm×よこ3cmの上半身が写ったもの)
 ※6ヶ月以内に写したものをご用意ください。
 ※カラープリンタ等で印刷したものはご遠慮ください。
・印鑑

手帳の紛失・破損

手帳をなくしたり、汚したりしたときは、再交付の申請ができます。

申請に必要なもの

・写真(たて4cm×よこ3cmの上半身が写ったもの)
 ※6ヶ月以内に写したものをご用意ください。
 ※カラープリンタ等で印刷したものはご遠慮ください。
・印鑑
・破損の場合は現在お持ちの手帳

氏名の変更・市内での転居

当市窓口で変更手続きを行ってください。

申請に必要なもの

・申請書(用紙は市窓口にあります)
・現在お持ちの手帳
・印鑑

相生市外への転出

転出先の市町村の障害福祉担当部署で手続きを行ってください。

相生市内への転入

相生市の窓口で転入手続きを行ってください。

申請に必要なもの

・新規の交付と同様
・現在お持ちの手帳

返還

手帳をお持ちの方がお亡くなりになった場合や、紛失した手帳が出てきた場合、手帳を必要としなくなった場合は返還手続きが必要です。

必要なもの

・申請書(用紙は市窓口にあります)
・印鑑
・現在お持ちの手帳