ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 相生市教育委員会

相生市教育委員会

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月11日更新
新着情報のRSS配信

新着情報


相生市教育委員会からのお知らせ

このページでは、相生市教育委員会に関する情報をお伝えします。

相生市教育員会の概要

教育委員会とは

教育委員会は、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の定めより教育に関する事務を処理するため、市町村等に設置される合議制の執行機関です。
市長が議会の同意を得て任命した教育長と委員4人で構成されており、学校教育、社会教育、文化財、スポーツの振興等に関する教育行政の基本方針や計画を審議・決定しています。

教育長

教育長は、市長の被選挙権を有し、人格が高潔で、教育行政に関して識見を有する方のうちから、市議会の同意を得て市長より任命されます。任期は3年です。
(再任されることがあります。)

委員

委員は市長の被選挙権を有し、人格が高潔で、教育、学術及び文化に関して識見を有する方のうちから、市議会の同意を得て市長により任命されます。任期は4年です。
(再任されることがあります。)

 

 教育委員名簿

役職名氏名生年月日任期
教育長

浅井 昌平
(あさい しょうへい)

S30.1.13H30.10.11~H33.10.10
教育長職務代理者萩原 喜樹
(はぎわら よしき)
S30.11.16H28.10.4~H32.10.3
委員小西 毅
(こにし つよし)
S47.9.22H27.12.23~H31.12.22
委員栗原 英子
(くりはら えいこ)
S30.3.28H29.12.24~H33.12.23
委員西田 香子
(にしだ きょうこ)
S30.1.29H28.10.4~H32.10.3

 

あいおいの教育わくわくプラン(相生市教育振興基本計画)を改定しました。

平成23年度に策定しました『あいおいの教育わくわくプラン(相生市教育振興基本計画)』について、策定以降の制度改正、社会情勢及び教育環境の変化等に対応するため、平成27年度に中間見直しを行い平成28年3月に改定を行いました。

市民のための学校 AEDの屋外設置について AED設置状況

 市立小中学校では、体育館、グラウンドを夜間や休日に施設開放を行っていますが、施設利用者等が緊急事態の際にも容易にAEDを利用できるよう、平成27年10月1日より屋外に専用ボックスを設置し対応しています。
 平成18年度より、各小中学校にはAEDを設置しておりますが、相生市では、命に係わる教育を積極的に進めているところであり、設備面での対応について一層進める取り組みです。

相生市教育委員会の所掌事務に係る教育行政に関する相談に関する事務を行う職員の公表

地方教育行政の組織及び運営に関する法律第19条第8項の規定に基づき、教育行政に関する事務を行う職員を公表します。

   相談担当職員  相生市教育委員会管理課企画総務担当に属する職員

教育に関する事務事業点検・評価の報告について

 平成19年6月「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の一部が改正され、教育委員会では、教育行政事務の管理及び執行状況について毎年、点検・評価を行い、その結果に関する報告書を議会に提出するとともに、公表することが義務付けられました。

 平成28年度事業分事務事業点検・評価報告書 [PDFファイル/1.29MB]

 平成27年度事業分事務事業点検・評価報告書 [PDFファイル/3.59MB]

 平成26年度事業分事務事業点検・評価報告書 [PDFファイル/570KB]

 平成25年度事業分事務事業点検・評価報告書 [PDFファイル/635KB]

 平成24年度事業分事務事業点検・評価報告書 [PDFファイル/632KB]

就学支援事業について

学校・民生児童委員・教育委員会の連携のもと、経済的理由により、就学困難であると認められる小学生及び中学生の保護者に対して、等しく教育を受ける機会を与えるため、以下のとおり就学に係る費用の援助を行っています。
援助を希望される場合は、各学校又は教育委員会管理課までお問い合わせください。

 

平成30年度支給項目と支給額(年額)
支給項目小学校中学校
学用品費

11,420円

22,320円

通学用品費(第1学年を除く)

2,230円

2,230円

校外活動費(宿泊を伴わないもの)

1,570円

2,270円

校外活動費(宿泊を伴うもの)

3,620円

6,100円

新入学学用品費等

40,600円

47,400円

修学旅行費

実額

給食費

実額(平成23年度より無料化)

医療費

実額(トラコーマなどの特定疾病、学校病治療費)

各年度により支給額等の見直しがあり変更となる場合があります。
要保護世帯については、修学旅行費と医療費のみが支給対象となります。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロード<外部リンク>してください。(無料)