ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > ペットの災害対策について

ペットの災害対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

ペットの災害対策について

災害が起こったら、まずは人(飼い主)の安全、次にペットの安全を確保しましょう。

避難が必要な場合は、あらかじめ用意した物資等を持って、ペットと一緒に避難することが重要です。

このように、避難所等へペットと一緒に避難することを同行避難といいます。(避難所の同じスペースでペットと生活できることを意味するものではありません。また、特定動物は同行避難ができません。)

万一の事態に備え、日頃からできる準備を確認しておきましょう。

飼い主の対策

日頃から、災害に備えて、ケージ、キャリーバッグなど動物を避難させる用品を用意し、ライフラインが寸断しても数日はしのげるよう、ペット用のフードや水、ペットシーツなどを備蓄(少なくとも5日分以上)し、緊急避難のときに持ち出せる用意をしておきましょう。
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロード<外部リンク>してください。(無料)