ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日本脳炎ワクチン

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 日本脳炎ウイルスの感染で起こります。ヒトから直接ではなくブタなどの体内で増えたウイルスが蚊によって媒介され感染します。流行は、西日本地域が中心ですが、ウイルスは北海道など一部を除く日本全体に分布しています。
後遺症を残す率が高く、現在でも死亡率20から40%と見られており、100から1,000人に1人が脳炎を発症すると考えられています。

1期

対象者

生後6月から生後90月に至るまでの者

 標準的な接種期間、接種間隔、回数

初回:3歳から4歳に達するまでに、6日以上、標準的には6日から28日までの間隔をあけて2回

追加:初回終了後、6月以上、標準的にはおおむね1年後に1回(おおむね1年とは、11か月から13か月)

2期

対象者

9歳以上13歳未満の者

標準的な接種期間、回数

9歳から10歳に達するまでに1回

 定期接種の機会を逃した方へ

平成17年以降、接種の差し控えにより予防接種を受ける機会を逃した方で、以下の条件を満たす場合、定期予防接種として受けることができます。

 対象者

 平成7年4月2日~平成19年4月1日生の者

 接種可能期間

20歳未満まで

接種間隔、回数

初回1回目接種済の場合

初回2回目、追加: 6日以上の間隔をあけて2回

2期:9歳以上で、1期終了後6日以上の間隔をあけて1回
※初回1回目と初回2回目の間隔が、5年以上あいている場合、2期は1期終了後、おおむね1年の間隔をあけて接種することが望ましいとされています。

初回2回目接種済の場合

追加:初回終了後、6日以上の間隔をあけて1回(可能なかぎり初回終了後、おおむね1年後に接種)

2期:9歳以上で、1期終了後6日以上の間隔をあけて1回
※1期との間隔は、おおむね5年の間隔をあけて接種することが望ましいとされています。

1期が終了している場合

2期:9歳以上で、1期終了後6日以上の間隔をあけて1回
※1期との間隔は、おおむね5年の間隔をあけて接種することが望ましいとされています。

 全く接種をしていない場合

初回:6日から28日の間隔をあけて2回

追加:初回終了後、おおむね1年後に1回

2期:9歳以上で、1期終了後6日以上の間隔をあけて1回
※1期との間隔は、おおむね5年の間隔をあけて接種することが望ましいとされています。

接種上の注意点

妊娠中もしくは妊娠している可能性がある方

原則接種しないこととなっています。予防接種を受ける必要がある場合は、必ず医師と相談してください。