ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

Hibワクチン

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

インフルエンザ球菌、特にb型は、中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、髄膜炎、敗血しょう、肺炎などを起こします。年間約400人が発症し、約1割が予後不良と推定されています。

対象者

生後2か月から5歳に至るまでの者

接種間隔、回数

接種回数は、接種を開始した月齢で異なります。

生後2か月から生後7か月に至るまでに開始した場合

初回:27日から56日までの間隔をあけて3回

追加:初回終了後、7か月から13か月までの間隔をあけて1回

生後7か月に至った日の翌日から生後12か月に至るまでに開始した場合

初回:27日から56日までの間隔をあけて2回

追加:初回終了後、7か月から13か月までの間隔をあけて1回

生後12か月に至った日の翌日から5歳に至るまでに開始した場合

1回