ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

若狭野古墳

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

県指定文化財

史跡
若狭野古墳(わかさのこふん)

若狭野古墳の写真

 この古墳は、宝台山より南にのびる丘陵の山麓に、単独で築かれた七世紀中ごろの方墳です。古墳は、一辺約15m、高さ3mあり、墳丘は見かけ三段につくられています。各辺には外護列石がめぐらされており、堀の跡も残っています。
   主体部は横穴式石室で、羨道(入口)、玄門(玄室の入口)、玄室(遺体を納める部屋)にわかれており、特に玄室は、奥壁、両側壁、天井、床石ともに一枚石で、あたかも組合せ式石棺の長辺に入口をつけたような、めずらしい構造をもっています。

県指定 昭和60年3月26日