ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市整備課 > 第2次相生市都市計画マスタープラン

第2次相生市都市計画マスタープラン

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月10日更新

 「都市計画マスタープラン」は、平成4年6月の都市計画法改正により創設されたもので、市民に一番身近な自治体である市が目指すべき都市像を市民の皆さんと一緒に考えながら、目指すべき都市像、整備方針等を明確にし、行政と市民がこれを共有しながら実現していくことを目的として策定するものです。
 相生市のまちづくりにかかるすべての計画の基本となる「相生市総合計画」、「相生市国土利用計画」及び西播都市計画区域における土地利用、主要な都市計画の決定の方針などを体系的、総合的に示す「西播都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」に即して定めることとされています。

策定の背景

 相生市では、平成9年10月に「相生市都市計画マスタープラン」を策定しました。
 しかしながら、その後の社会経済状況は、少子高齢化の進行や情報社会の到来、地方分権の進展など大きく変化し、都市構造、行財政構造などに変化が生じるなど、右肩上がりの成長社会から成熟社会への転換を踏まえた経済・社会システムの見直しが求められています。
 平成28年3月に兵庫県においては、平成32年を目標とする「西播都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」が一部改定されました。また、平成23年3月に本市において平成32年を目標とする「第5次相生市総合計画」を策定しました。これらに即するため、相生市都市計画マスタープランの見直しを行い、平成29年3月に「第2次相生市都市計画マスタープラン」を策定しました。

第2次相生市都市計画マスタープラン

第2次相生市都市計画マスタープラン【概要版】 [PDFファイル/6.01MB]

第2次相生市都市計画マスタープラン【本編】 [PDFファイル/6.82MB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロード<外部リンク>してください。(無料)