ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

磐座神社のコヤスノキ叢林

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

県指定文化財・天然記念物 

磐座(いわくら)神社のコヤスノキ叢林(そうりん) 

磐座(いわくら)神社のコヤスノキ叢林の写真
 
(西播丘陵県立自然公園)
 
  このコヤスノキは、トベラ科の常緑低木です。葉は長いだ円形で光沢があり、小枝の先に集まってついています。五月ごろ新枝の先に淡黄色の花をつけ、秋には直径1cmばかりの球形の果実をつけます。コヤスノキは、中国地方中部、岡山県東部と西播地方に限って分布し、相生市では磐座神社・瓜生羅漢渓など、谷沿いの照葉樹林内に、チトセカズラとともに広く生育しています。

県指定 昭和58年3月29日