ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

慈眼寺の梵鐘

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

市指定文化財

有形文化財-工芸品-
慈眼寺の梵鐘(佐方 霊松山慈眼寺)
慈眼寺の梵鐘の写真

霊松山慈眼寺の梵鐘は、その銘文によると室町時代、文明9年(1447年)に美作国長岡荘(岡山県久米郡柵原町)にあった上福寺の鐘として、鋳物師藤原右兵衛尉助弘によってつくられたものです。作者は、藤原氏を名乗る百済氏で、百済氏の手による中世の梵鐘は、岡山県津山市の安国寺に現存するものと、この鐘とのニ例しかなく、大変貴重なものです。この鐘は、戦国期の争乱を経て、英田郡土居村(岡山県英田郡作東町)の土居八幡宮に移り、その後、明治11年(1878年)に当慈眼寺へ渡ったものです。