ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ヤブツバキ(市五郎椿)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

市指定文化財

天然記念物
ヤブツバキ(市五郎椿)ヤブツバキ(市五郎椿)の写真
(竜山公園)

 この椿は、ツバキ科の野生のヤブツバキです。江戸時代中期の人で、妙好人の称号をもった餅屋市五郎が、寒中に仏様に供えるため植えたと伝えられており、古くから「市五郎さんの椿」の愛称や逸話で市民に親しまれております。
樹高
幹周

胸高周囲1.42メートル

株元

1.56メートル

 地上から1.89メートルで大きく3本に分枝している古木で、2月頃から4月頃まで赤い筒状の美しい五弁花を次々とつけます。日本の照葉樹林を構成する植物の中でも代表的な種です。またツバキは相生市の市木でもあります。

市指定 平成6年3月29日