ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

戸籍について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

届出期限届出人届出地届出に必要なもの


生まれた日を含めて14日以内父または母父母の本籍地、住所地、
出生地の市区町村役場
  • 出生届書(出生証明書)
  • 母子健康手帳
  • 印鑑
  • 国民健康保険証(加入者のみ)


死亡の事実を知った日から7日以内親族または同居者等死亡者の本籍地、届出人の住所地、死亡地の市区町村役場
  • 死亡届書(死亡診断書)
  • 届出人の印鑑


届出によって効力を生じるので、届出期間はありません夫と妻夫または妻の本籍地、
住所地の市区町村役場
届書には成人2人の証人の署名および押印が必要。
未成年者のときは父母の同意が必要
  • 婚姻届書
  • 戸籍謄本(本籍が市外の人のみ)
  • 夫と妻の印鑑(旧姓のもの)


同 上戸籍の筆頭者及び配偶者本籍地、転籍地、住所地の市区町村役場
  • 転籍届書
  • 戸籍謄本(本籍が市外の人のみ)
  • 筆頭者と配偶者の印鑑
※婚姻届、離婚届、養子縁組届の届出の際には、届出人の確認のため、運転免許証やパスポートなど、官公署の発行した顔写真つきの身分証明書をお持ちください。
本人確認書類について
※窓口で本人確認ができなかった場合は、届出があったことを郵送でお知らせします。
 閉庁日の届出について
   休日(土・日・祝日・年末年始)及び平日の時間外(午後6時00分~)は、宿直室で次の戸籍届書の事務受付をしています。
  1. 死亡届の受付
  2. 埋火葬許可申請書の受付及び許可証の交付
  3. 斎場の予約受付
  4. 各戸籍の届出(出生、婚姻ほか)
  死亡届以外の届書については、宿直室では受付のみです。
市役所開庁日に、市民課市民係へ引継ぎ、市民課市民係で審査後受理となります。受理年月日は、宿直室で受付をした日となります。