ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

骨髄移植後等の予防接種の再接種助成について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月19日更新

骨髄移植等(骨髄移植、抹消血幹細胞移植)により、定期予防接種を通じて得られていた免疫が低下又は消失したため、再接種が必要と医師が認める人が、再接種を受ける場合の費用を助成します。
 

助成対象者

1. 再接種を受ける日において、市内に住所を有する20歳未満の人
2. 骨髄移植等により、移植前に受けた定期予防接種の免疫が低下又は消失したため、再接種が必要と医師が認める人

 助成対象となる予防接種

1. 予防接種法に定められた疾病のうち結核を除いた疾患の予防接種
2. 予防接種実施規則の規定による予防接種
3. 移植前に接種済みの定期予防接種の免疫が骨髄移植等によって低下又は消失したため、再接種が必要と医師が認める予防接種

助成金額

再接種にかかった費用(抗体検査や医師の理由書などの文書料は除きます)

 申請方法

事前に子育て世代包括支援センターで申請手続きが必要です。詳細は子育て世代包括支援センターへお問い合わせください。

申請に必要な書類

1. 相生市定期予防接種再接種費用助成対象認定申請書(様式第1号) [Wordファイル/25KB]
2. 相生市定期予防接種再接種費用助成に関する理由書(様式第2号) [Wordファイル/17KB]
3. 母子健康手帳(骨髄移植等を行う前に受けた定期予防接種の履歴が確認できるものに限る)
4. 所得課税証明書(相生市に所得申告がある人は不要)
5. 印鑑

申請窓口

 市子育て世代包括支援センター(総合福祉会館2F)

8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日除く)