ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不育症治療費助成事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

不育症治療を受ける人の経済的負担を軽減するため、治療に要する費用を助成します。(平成29年4月1日以降の治療に係る費用が対象)

対象者

次の要件に該当する方。 

  1. 相生市に住所を有すること
  2. 法律上の婚姻をしている夫婦であること
  3. 不育症の既往があると医師が判断し、治療を受けていること
  4. 治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること
  5. 夫婦合算所得が400万円未満であること
  6. 相生市以外の地方公共団体から不育症治療費の助成を受けていないこと

 助成内容

年度内に行った市が認める治療について、年1回、1/2を助成します。
(15万円を限度)

 申請方法

下記の必要書類を子育て世代包括支援センターへ提出

必要書類

  1. 相生市不育症治療支援事業交付申請書(様式1号) [PDFファイル/145KB]
  2. 相生市不育症治療支援事業受診証明書(様式2、3号) [PDFファイル/179KB]                                                                               院外処方時は相生市不育症治療費支援事業受診等証明書(薬局用)(様式第3号)も必要です
  3. 医療機関が発行した領収書
  4. 前年度分の源泉徴収票の写し等所得がわかるもの(ただし4~6月受付分は前々年度分)
  5. 印鑑
  6. 金融機関の口座番号がわかるもの

申請場所

子育て世代包括支援センター(総合福祉会館2階) 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロード<外部リンク>してください。(無料)