ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

母子健康手帳・妊婦健康診査

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月1日更新

母子健康手帳の交付

医療機関でもらった妊娠届出書を提出することにより、母子健康手帳を交付します。同時に妊婦健康診査費の助成券を申請により交付します。

母子健康手帳の交付は予約制です。必ず事前にご連絡ください。

保健師がすべての妊婦さんと面接し、体調や出産・育児について相談を受けます。

 ※「妊婦さんへの質問票」をもとに面接しますので、ご自宅にて記入のうえお持ちください。

交付場所

子育て世代包括支援センター(総合福祉会館2階) 【Tel:0791-22-7156】

月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く) 8時30分~17時15分

持ち物

(1)妊娠届出書
(2)印鑑
(3)個人番号が確認できる書類・・・個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票の写しなど
(4)本人確認書類
 ※1種類で可・・・個人番号カード、運転免許証、パスポート、在留カードなど顔写真付きのもの
   2種類以上で可・・・健康保険証、年金手帳など
(5)妊婦さんへの質問票

妊婦本人以外(代理人)が届出する場合は、上記以外に次のものが必要になります。

・委任状
・代理人の本人確認書類
・代理人の印鑑
 

届出書様式

妊娠届出書 [PDFファイル/98KB]

妊婦さんへの質問票 [PDFファイル/136KB]

委任状 [PDFファイル/80KB]

妊婦健康診査補助事業

お母さんと赤ちゃんの健康を守り、安心して出産を迎えるために、母子健康手帳交付時に、妊婦健康診査費の助成券を発行します。
妊婦健康診査を受けられる際に、医療機関において助成券を利用することで、妊婦さんの自己負担額が軽減されます。

助成対象者

相生市内に住所のある妊婦の方(市外に転出した場合、助成券は使用できません)

助成内容

14回分 102,000円を限度に助成

申請方法

 母子健康手帳交付時に「妊婦健康診査費助成券交付申請書」により申請(印鑑必要)

申請場所

子育て世代包括支援センター(総合福祉会館2階)

持ち物

印鑑

その他

県内の指定医療機関外や県外で妊婦健康診査を受けられる場合は、一旦窓口で健診費用を自己負担していただき、後で該当する費用分を振込でお返しする形になります。
該当される方には、助成券発行時にご説明します。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロード<外部リンク>してください。(無料)