ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 看護専門学校 > 新型コロナウイルス感染症に関する報告及び夏季休暇について

新型コロナウイルス感染症に関する報告及び夏季休暇について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月7日更新

平成2年8月6日

保護者各位

 

 

相生市看護専門学校

校長 半田  齊

 

新型コロナウイルス感染症に関する報告及び夏季休暇について

 

 

相生湾の照り返しの強さに、猛暑を予感させる日々が続いています。平素は本校の教育活動につきましてご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

さて、新型コロナウイルス感染症の第二波、襲来を感じさせる日々が続いています。緊急事態宣言解除後に小康状態が暫く続きましたが、先日、西播磨圏域内においても感染者が発生しています。

つきましては、より一層の感染拡大防止の観点から、在校生の同居親族の方々について下記に該当する場合は、ご一報頂ければと思っています。

なお、当該報告における個人情報については、厳正に取り扱いいたします。

また、全学年共に、8月11日(火)より、夏季休暇を設けました。1・2年生は21日(金)までの2週間とし、3年生は14日(金)までの1週間としています。決して長い夏季休暇ではありませんが、例え短くてもリフレッシュできる時間を大切にしてほしいと考えております。しかし、看護学生としての、様々な会食の自粛など自らの行動規範を明確にして休み中の感染対策に臨んでくれると思っています。宜しくお願いいたします。

 

 

1 報告を要する場合

(1)同居親族などが保健所から濃厚接触者と判断された場合

 

(2)同居親族などの勤務先、学校などにおいて感染者が発生し、当該同居親族などが濃厚接触者となるおそれがある場合

 

2 報告先 事務長 山口まで TEL 0791-22-7110