ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域振興課 > 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金のご案内

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月23日更新

 兵庫県では、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、新型インフルエンザ等対策特別特措法に基づく県の要請に応じて、営業時間の短縮(時短営業)にご協力いただいた事業者の方に対し、協力金を支給します。

 

・第4期協力金(4月25日~5月31日までの休業または時短要請分)

  第4期協力金(兵庫県ホームページ)<外部リンク>

 

・第5期協力金(6月1日~7月11日までの休業または時短要請分)

  第5期協力金(兵庫県ホームページ)<外部リンク>

 

第4期協力金(4月25日~5月31日までの休業または時短要請分)

支給要件

 (1)酒類またはカラオケを提供する場合(酒類の持ち込みを含む)

    休業すること

 (2)酒類及びカラオケを提供しない場合

    通常、午後8時以降も営業している店舗が、営業時間を午前5時から午後8時までに短縮すること(休業を含む)

 

   定休日等の店休日を除くすべての営業日に継続して、休業または時短営業に協力していただいた店舗単位に支給します。

   ※業種別ガイドライン等に基づく感染防止の取組を行い、「感染防止対策宣言ポスター」を掲示することが必要です。

   兵庫県ホームページよりダウンロードしてください。

   感染防止対策宣言ポスターについて<外部リンク>

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金[緊急事態措置分](第4期)

対象期間令和3年4月25日(日曜日)~5月31日(月曜日)
対象地域県内全域
対象施設

飲食店等(バー、スナック含む)、カラオケ店、結婚式場

*飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けている店舗等に限る

要請内容(1)酒類及びカラオケの提供(酒類の持ち込みを含む)をやめること

(2)通常、午後8時から翌朝午前5時までの時間帯に営業している店舗が営業時間を午前5時から午後8時までに短縮若しくは休業すること、又は、通常、午後8時から翌朝午前5時までの時間帯に営業していない店舗が休業すること

支給額1日当たり4~20万円(※)/店舗×休業・時短営業日数

※〈中小企業〉

  • 前年度又は前々年度の1日当たり売上高が10万円以下の店舗:4万円
  • 前年度又は前々年度の1日当たり売上高が100,001円~25万円の店舗:(前年度等の1日当たりの売上高)×0.4の額
  • 前年度又は前々年度の1日当たり売上高が25万円超の店舗:10万円

 

〈大企業〉

  1日当たりの売上高の減少額×0.4(1千円から千円単位、上限20万円)〈中小企業もこの方式を選択可〉

(注)「前年又は前々年の一日当たり売上高」や「1日当たりの売上高の減少額」は確定申告書の内容等により算出します。

 

申請方法

申請受付期間

   令和3年6月1日(火曜日)~令和3年6月30日(水曜日)  

申請方法

  郵送または電子申請のいずれかの方法で、申請書と添付書類を提出してください。

  様式はホームページからダウンロードできます。

  ※第1期、第2期協力金申請者は提出不要となる書類があります

     兵庫県ホームページ<外部リンク>

  市役所3号館(地域振興課)にも申請書類一式を設置しています。

 

  なお、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、持ち込みによる提出はご遠慮ください

(1)郵送の場合

   令和3年6月30日(水曜日)消印有効

   郵便物の追跡が可能な「レターパックライト」又は「レターパックプラス」で郵送ください。

 

   (宛先)〒650-8779

        神戸市中央区中山手通 兵庫県時短協力金事務局あて

        ※郵便番号と宛名だけで届きます(住所記入不要)

 

(2)電子申請の場合

   令和3年6月30日(水曜日)23時59分まで

   兵庫県ホームページからリンクしている、申請用ウェブサイトから申請してください。

       電子申請ページ<外部リンク>

問い合わせ先

 詳しい内容は下記の連絡先にお問い合わせください。

   ■兵庫県時短協力金コールセンター

      Tel:078-361-2501 (平日9時00分~17時00分)

 

第5期協力金(6月1日~7月11日までの休業または時短要請分)

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金[緊急事態措置分] (6月1日~6月20日までの休業または時短要請分)

支給要件

 原則として、定休日等の店休日を除く全ての営業日に継続して、時短営業(休業含む)に協力していただいた店舗単位に支給します。

 

※業種別ガイドライン等に基づく感染防止の取組を行い、「感染防止対策宣言ポスター」を掲示することが必要です。

 兵庫県ホームページよりダウンロードしてください。

   感染防止対策宣言ポスターについて<外部リンク>

 

※協力開始日から要請終了日まで継続して要請に応じていただくことが必要です。

※定休日や不定休による店休日は時短営業日数から除きます。但し、コロナ禍で本来営業する日を休業とした場合は対象です。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金[緊急事態措置分]

対象期間令和3年6月1日(火曜日)~6月20日(日曜日)
対象地域県内全域
対象施設

飲食店等(バー、スナック含む)、カラオケ店、結婚式場

*飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けている店舗等に限る

要請内容

(1)酒類及びカラオケの提供(利用客による酒類の店内持ち込みを含む)をやめること

(2)通常、午後8時から翌朝午前5時までの時間帯に営業している店舗が営業時間を午前5時から午後8時までに短縮若しくは休業すること、又は、通常、午後8時から翌朝午前5時までの時間帯に営業していない店舗が休業すること

支給額1日当たり1千円~20万円(※)/店舗×休業・時短営業日数

※〈中小企業〉

・前年又は前々年の1日当たり売上高が10万円以下の店舗:4万円 

・前年又は前々年の1日当たり売上高が100,001円~25万円の店舗:(前年等の1日当たりの売上高)×0.4の額

・前年又は前々年の1日当たり売上高が25万円超の店舗:10万円

〈大企業〉

  1日当たりの売上高の減少額×0.4(1千円から千円単位、上限20万円)〈中小企業もこの方式を選択可〉

(注)「前年又は前々年の一日当たり売上高」や「1日当たりの売上高の減少額」は確定申告書の内容等により算出します。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金[県による時短要請] (6月21日~7月11日までの時短要請分)

支給要件

 原則として、定休日等の店休日を除く全ての営業日に継続して、時短営業(休業含む)に協力していただいた店舗単位に支給します。

 

※業種別ガイドライン等に基づく感染防止の取組を行い、「感染防止対策宣言ポスター」を掲示することが必要です。

 兵庫県ホームページよりダウンロードしてください。

   感染防止対策宣言ポスターについて<外部リンク>

 

※協力開始日から要請終了日まで継続して要請に応じていただくことが必要です。

※定休日や不定休による店休日は時短営業日数から除きます。但し、コロナ禍で本来営業する日を休業とした場合は対象です。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金[飲食店向け]

対象期間令和3年6月21日(月曜日)~7月11日(日曜日)
対象区域北播磨・中播磨(姫路市除く)・西播磨・但馬・丹波・淡路地域
対象施設対象区域内の、飲食店等・遊興施設・結婚式場のうち食品衛生法上の飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けている店舗
支給要件

通常、午後9時を超えて営業する店舗が、営業時間を午後9時までに短縮すること。

酒類の提供(*1)は、午前11時から午後8時までとすること。

カラオケ設備の利用を自粛すること。

支給額下記により算出した1日当たり額/店舗×時短営業日数(最大21日間)
支給額(詳細)

※<中小企業>

 

前年又は前々年の1日当たり売上高に応じて単価決定

・83,333円以下の店舗:2.5万円

・83,334円~25万円の店舗:

 (前年度等の1日当たり売上高)×0.3の額

・25万円超の店舗:7.5万円

 

<大企業> *中小企業もこの方式を選択可

前年等からの1日当たりの売上高の減少額×0.4(1千円から千円単位、上限:20万円又は前年等の1日当たり売上高×0.3のいずれか低い額)

(注)

(*1) 利用者による酒類の店内持ち込みを含む

(*2)  ・アクリル板等の設置(又は座席の間隔(1m以上)の確保) ・手指消毒の徹底 ・食事中以外のマスク着用の推奨 ・換気の徹底 ・4人以内の利用<1グループ>

(*3) 通常、午後8時を超えて営業する店舗で、平日に時短営業せず、休業している店舗(通常、酒類提供あり)は、土日に休業しても【平日等】の単価を適用します。

 

申請方法

申請受付期間・申請方法

   申請受付開始日、申請手続き等の詳細は決定次第公表いたします。

 

問い合わせ先

 詳しい内容は下記の連絡先にお問い合わせください。

   ■兵庫県時短協力金コールセンター

      Tel:078-361-2501 (平日9時00分~17時00分)