ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 相生市看護専門学校 > 緊急事態宣言解除後の本校の対応について

緊急事態宣言解除後の本校の対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月25日更新

平成2年5月21日

保護者各位

 

相生市看護専門学校

校長 半田  齊

 

緊急事態宣言解除後の本校の対応について

 

 

兵庫県の新型コロナウイルス緊急事態宣言が解除されました。その事を踏まえて、本校では登校講義、及び臨地実習を開始といたします。1,2年生の登校に際しましては、密閉空間や密集場面、密接場所の3つの「密」が回避できるように、大きな教室を準備し、感染防止を徹底したいと考えています。3年生の臨地実習においても自己の健康管理や行動状況の報告を徹底しながら臨地、あるいは学内実習を実施したいと考えています。

また、休校中の各学年のオンライン講義では、大変にご迷惑をおかけしたと思います。ご協力ありがとうございました。

コロナウイルス感染症の終息は、まだ時間を要することが想定されますが、この経験を無駄にしないように、教職員一同、教育の質を維持向上できるように努力して参りたいと思います。

今後とも、ご支援、ご指導を賜りますようにお願い申し上げます。

※以下に登校における学生への注意事項と学生主体の感染チームの発足について記しています。ご覧ください。

以上

 

 

登校における注意事項

 

相生市看護専門学校

 

令和 2年 5月25日(月曜日)より登校再開になります。登校再開にあたり、感染拡大防止対策を徹底したうえで登校していただきます。登校に当たっては、下記の内容を徹底していきます。

 

1.感染拡大防止対策

(1)起床時にはセルフチェックを行い、セルフチェック表の記載事項(体温・咳・喉の痛み・倦怠感・味覚異常・嗅覚異常等の症状の自己申告)を記入する。

※37.5度以上の発熱、諸症状がある場合、気になる症状がある場合は担任に連絡の上、指示を仰ぐ。

(2)登校にあたっては、必ずマスク着用する。(マスクは各自で準備)ソーシャルディスタンスを保って登校を行う。

(3)登校時、および出入りにおいては、所定のアルコールにて消毒を行う。校内においても終始マスク着用する。

(4)学校内でのゾーニング(区分け)計画を実施する。

・1年生は、正面玄関から教室(旧 第1実習室)を使用する。トイレは、正面玄関から学生用を使用する。

・2年生は、東駐車場から入り、第2校舎講堂(東入口)を使用する。トイレは、第2校舎のトイレを使用する。

・3年生は、職員自転車置き場側階段を使用する。トイレは、自転車置き場階段から学生用を使用する。

※自己判断で経路を選択しない。

 

2.感染対策チームの発足(詳細は下記)

(1)コロナ感染予防対策に特化した感染チームを教員・学生で組む。

(2)手洗い・手指消毒の実施等の徹底と管理を行う。

(3)月1回のチーム会議をもち各学年で状況の共有を行う。

 

 

相生市看護専門学校 感染対策チーム

 

感染対策チームはコロナ感染予防対策に特化した実働組織として、校内の感染防止状況を把握し、指導・管理を行うことを目的にします。この活動は自分達の命を守ることと同時に、本校が医療に携わる看護系の学校であることを踏まえて、人の命を守る職に就く者としての学生間の意識向上や本校の教職員と全学生への啓蒙に取り組みたいと考えています。

【活動目標・活動内容】

1.校内感染防止対策マニュアルの作成

2.校内各所での手洗い・手指消毒の実施状況と把握

3.消毒薬の選択と用法・用量の確認と補充・注文

4.校内環境の定期的なラウンドの実施

5.その他、校内感染対策に関する事項

6.月1回のチーム会議の開催

【チームの役割】

 校内各所の感染防止状況を把握し、指導・管理を行うことです。

【メンバー構成】

 各クラス担任の3名、各クラスから学生2名を選出し、総計9名とします。

【発足予定日】

 令和2年5月25日~コロナウイルス感染終息日まで