ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 家を取り壊したのに固定資産税が高くなりました。なぜですか?

家を取り壊したのに固定資産税が高くなりました。なぜですか?

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月29日更新

 古い家を取り壊して駐車場にしたら、翌年の固定資産税が高くなりました。どうしてですか?

固定資産税の課税について

 取り壊しのあった翌年度の固定資産税からは、取り壊された家屋の税額分は減少しますが、その土地については、過去からの住宅用地に対する税負担の軽減がされていました。

 今回の家屋の取り壊しにより土地が住宅用地に該当しなくなるため、税の軽減措置が適用されなくなり、土地分の固定資産税が約3~6倍ほど高くなります。