ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 地価が下落しているのに、土地の税額が上がるのはなぜでしょうか?

地価が下落しているのに、土地の税額が上がるのはなぜでしょうか?

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月29日更新

固定資産税の課税について

  平成9年度から負担水準(評価額に対する前年度の課税標準額の割合)が高い土地は税額を引き下げたり、据え置いたりする一方、負担水準が低い土地についてはなだらかに税額を引き上げていく仕組みが導入されました。

 これにより、評価替えや下落修正によって評価額が下がった土地でも負担水準が低い場合にはなだらかに税額が上昇します。
(地価が上昇していたときの評価替えでは、評価額が著しく上昇じた場合でも、税負担をなだらかにするための措置が講じられていました。このため、多くの土地については課税標準額が評価額を大きく下回っており、負担水準が低くなっています。)