ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 定住促進室 > 新婚世帯家賃補助金交付事業について

新婚世帯家賃補助金交付事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

 相生市に定住する意思を持ち、結婚から3年以内の世帯で、賃貸住宅に居住されている方に対して「新婚世帯家賃補助金」を交付しています。

対象者

  相生市に定住する意思をもち、補助を受けるための交付申請書の提出日において、次に記す要件すべてに該当する世帯。

  1. 補助金交付申請日において婚姻(再婚を含む)の届出の日から3年以内の世帯であること。
  2. 夫婦のどちらかの年齢が、満40歳未満の世帯であること。
  3. 事業期間中に新たに賃貸住宅の賃貸借契約を締結した世帯であること。
    【事業期間前に契約を締結していても、事業期間中に婚姻した世帯も対象とする。】
  4. 賃貸借契約の締結は、夫婦どちらかの名義であること。
  5. 公的制度による家賃補助を受けていないこと。
  6. 申請人及び同居者全員が市税を滞納していないこと。
  7. 家賃を滞納していないこと。
  8. この要綱に基づく補助を受けたことがない世帯であること。ただし、交付期間内に新たに賃貸住宅に居した場合はこの限りでない。

 ※新たに入居する賃貸住宅へ住民票を移してから、半年以内に申請をしてください。

補助金

  月額1万円を3年間交付します。(総額36万円)
 ※補助金の交付は、申請のあった翌月分からを、翌年度4月に1年分まとめて交付します。

事業期間

 平成28年4月1日~平成31年3月31日まで(3年間)
 
※事業期間内に申し込みされた方は、平成31年3月31日以降も3年を限度に補助します。

申請について

 事業期間内に次の書類を提出して下さい。

  1. 交付申請書(様式第1号)
  2. 世帯全員の住民票の写し(続柄、世帯主及び本籍を表示)【相生市役所市民課・窓口2番で取得】
  3. 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)【本籍地のある市町村役場の市民課等で取得】
  4. 前年度分の納税証明書(同居世帯のうち納税義務のある者全員)【相生市市役所徴収対策室・窓口7番で取得】※ただし、証明書の発行は、発行年の1月1日現在で住所地があった市町村役場・税務課等で取得
    (平成28年度申請・平成27年度分、平成29年度申請:平成28年度分、平成30年度申請:平成29年度分)
  5. 住宅賃貸借契約書の写し
  6. 家賃内訳証明書(契約書で家賃の内訳が不明確な場合に限る)(様式第2号)
  7. その他市長が必要と認める書類

※翌年度以降の申請は、毎年市から申請書を送付しますので、毎年必要書類を添えて申請していただきます。
※申請書の捺印は、必ずスタンプ印以外の印で朱肉を使用して捺印して下さい。
※提出時には必要書類および印鑑をお持ち下さい。記載内容に不備があると担当窓口で訂正または再記入していただく場合があります。

請求について

 交付決定を受けた補助金について、毎年3月に市から請求書を送付しますので、期限までに必要書類を添えて請求していただき、4月末に指定の口座へ振り込みとなります。

 なお、毎年の請求書提出時には、資格要件を確認しますので、要件を満たさない場合には交付決定のあった補助金が受け取れなくなりますので、ご注意ください。

パンフレット・申請様式ダウンロード

 交付を希望される方は、必ず詳しい案内パンフレット「新婚世帯家賃補助金交付事業について」をご覧ください。
 また、申請書類をダウンロードすることもできます。

 【パンフレット】新婚世帯家賃補助金交付事業について  [PDFファイル/190KB]

 新婚世帯家賃補助金交付申請書(様式第1号) [PDFファイル/81KB]

 家賃内訳証明書(様式第2号) [PDFファイル/67KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロード<外部リンク>してください。(無料)