ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ハザードマップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月9日更新

ハザードマップとは、洪水や土砂くずれなどの災害予測に関する情報や、避難場所や方法などの避難情報をわかりやすく掲載した地図です。
相生市では、洪水・土砂災害・津波・高潮・地震に関するハザードマップを作成しています。日頃からこのハザードマップでお住まいの地域の危険箇所を学習しておけば、いざというときに早く安全な場所に避難することができます。

洪水・土砂災害ハザードマップ

市内を流れる川が大雨で氾濫した際の被害予測と、土砂災害による危険性のある警戒区域などを掲載しています。
※中学校区ごとに見ることができます

津波ハザードマップ

 国の南海トラフ巨大地震による津波想定(平成24年8月29日発表)を踏まえ、平成26年2月19日に兵庫県独自の津波浸水シミュレーションについて、神戸、播磨地域の津波浸水想定が公表されました。この中で、M9.1の地震が発生した場合、相生市の最高津波高は2.8mと想定され、この公表資料に基づく津波浸水想定区域などを掲載しています。

高潮ハザードマップ

戦後最大規模の台風が相生市に最も大きな被害を及ぼすルートを進み、かつ高潮の発生が満潮時に重なった場合の浸水想定を掲載しています。

地震ハザードマップ

南海地震、山崎断層帯地震が発生した時のそれぞれの最大震度を掲載しています。

高潮シミュレーション

アニメーション (はん濫が拡大する状況を見ることができます)
※リンク先の兵庫県CGハザードマップの をクリックしてください。

津波シミュレーション

アニメーション (はん濫が拡大する状況を見ることができます)
※リンク先の兵庫県CGハザードマップの をクリックしてください。

ハザードマップの活用方法などを掲載しています

 

 

 

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)