ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て元気課 > 歯と口の健康フェア

歯と口の健康フェア

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月10日更新

歯と口の健康フェアを下記のとおり実施します。

   【日時】12月7日(土曜日) 14時00分~16時00分

   【場所】相生市文化会館扶桑電通なぎさホール(中ホール)

   【費用】無料

   【主催】相生・赤穂市郡歯科医師会 【共催】相生市

   【お問い合せ】相生・赤穂市郡歯科医師会 0791-45-2588

無料フッ素塗布

虫歯を防ぐには毎日の歯みがきや甘いおやつに気をつけることと同時に、フッ素塗布が有効です。フッ素は歯の表面のエナメル質を強くするため、虫歯予防に効果的です。

 *14時00分から15時45分まで受付

8020コンテスト

8020達成者の中から最優秀賞を選ぶコンテストです。8020達成者とは80歳で20本以上歯を保っている人で、20本歯があれば、ほぼ食事をすることに困ることはなく、快適な食生活を送ることができるとされています。    

 *14時00分から15時00分まで審査、15時45分から表彰式の予定です。

オーラルフレイル検査

口の機能が衰えて食べにくい、飲み込みにくい、話しにくい状態のことを「オーラルフレイル(お口の虚弱)」と言います。
体のあちこちの機能が衰えるのと同様にお口の機能も衰えます。
食べることに障害が出ると十分に栄養を摂れなくなり、低栄養、体重減少がおきます。また、話すことや食べることに問題があると人前に出ていくことが少なくなり、孤食になりがちで家に閉じこもり意欲低下を引き起こしやすいことが分かっています。
このような状態が続くと筋力が落ち、身体機能も低下し、日常生活が困難になり、さらにお口の機能もますます低下し、悪循環に陥ります。
お口の機能を維持、回復すれば要介護状態になるのを遅らせられることが分かっていますが、オーラルフレイルの怖いところは初期段階では自分では気づきにくく、知らない間にどんどん悪くなってしまうことです。
そこで、オーラルフレイルのスクリーニング検査やその結果に応じた指導を行います。

 *14時00分から15時45分まで受付 
 *対象は75歳以上の相生市民とし、希望者多数の場合は時間内でも受付を締め切る場合があります。