ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て元気課 > ファミリーサポートセンター

ファミリーサポートセンター

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

ファミリーサポートセンターとは

 「育児の手助けをしてほしい人」と「育児の手助けができる人」とをつなぎ、地域の子育ての相互援助をお手伝いする会員組織です。

会員の種類

○依頼会員:育児の手助けをしてほしい人(市内在住在勤の妊娠中の方、0歳~小学6年生までの同居の子どものいる人)

○提供会員:育児の手助けができる人(市内在住の健康で子どもの好きな人。資格、経験は問いません)

○両方会員:どちらもできる人

※会員の入会・登録は無料です。

援助できる内容

育児援助の例

 ◎保育所、幼稚園への送迎やその後の預かり
 ◎保護者の外出時の子どもの預かり
 ◎子どもの習い事などの送迎
 ◎学童保育の迎え及びその後の預かり
 このほかにも様々な育児援助ができますのでお問い合わせください。
 ※援助活動は早朝、夜間にわたることもありますが原則として子どもの宿泊は行いません。

家事援助の例

・援助が受けられる人:産前産後、病時、病後の依頼会員及び両方会員

料理料理の下ごしらえ、簡単な調理
掃除台所、風呂場、洗面所の簡単な掃除(トイレ、窓ガラス、換気扇、蛍光灯、.冷蔵庫の掃除などは除く)
おもちゃの片づけ
分別したごみ出し
洗濯衣類、寝具類などの洗濯(干す、取りこむ、たたむ)
簡単なアイロンがけ
買い物食料品や生活必需品の買い出し(近所の範囲)
その他食器洗い、布団干し、薬の受け取り

 このほかにも様々な家事援助活動がありますのでお問い合わせください。

 ※育児援助と家事援助は、同時に依頼できますが提供会員2名で援助します。
 ※育児援助と家事援助は、各々に料金がかかります。

活動の流れ

(1)ファミリーサポートセンターに援助を申込みます(Tel:23-0155)
(2)センターが提供会員を捜し紹介します
(3)事前打ち合わせ(前日までに)を行い援助活動をします
(4)活動終了後、提供会員は活動報告書(3枚複写)を作成し、依頼会員から直接報酬を受け取り、確認印をもらいます
(5)提供会員は活動報告書の1部を月末締めで翌月5日までにセンターへ提出します

 ファミサポ活動流れ

※活動中の万が一の事故に備え、センターが補償保険に加入しています。

 利用料金

1.利用料金は次のとおりです

曜日等1時間当たりの利用料金
一般保育昼間(月~金)600円(7時~21時)
早朝・夜間800円
土・日・祝日800円
年末年始(12月29日~1月3日)800円
軽度の病児保育800円
2.最初の1時間までは、それに満たない場合でも1時間とみなします
3.援助の時間を延長した時は30分以内は上記の半額とし、30分以上1時間以内までは1時間とみなします
4.複数の子どもを預ける場合は2人目から半額となります
5.取り消し料は次のとおり依頼会員が支払います
前日までの取り消し無料
当日の取り消し算定された報償額の50%
無断取り消し全額

6.食事(ミルク)代、おやつ代、おむつ代等は依頼会員の実費となります
7.交通費(ガソリン代等)は依頼会員の実費となります

ファミリーサポートセンター利用料補助制度について

 【補助対象世帯】
 (1)生活保護受給世帯
 (2)児童扶養手当受給者(全額支給停止の者を除く)
 (3)市民税非課税世帯

 【補助金額】
 利用料金の50%を補助します(年間12万円限度)

 ※詳しくはお問い合わせください

お問い合わせ先

Tel・Fax 0791-23-0155
総合福祉会館2階
開所時間 月~金曜日 8:30~17:15(休み 土・日・祝日・年末年始)

利用料補助に関することは子育て元気課(22-7175)へ