ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 教育委員会人権教育推進室 > 人権ふれ愛シネマ開催について

人権ふれ愛シネマ開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月6日更新

「人権ふれ愛シネマ」 12月7日(土曜日) 14時20開演 

映画名 「キセキの葉書」 主演  鈴木紗理奈

脳性まひの娘を抱える美幸(鈴木紗理奈)は、子育て、家事と家の中のことをすべて背負っていましたが、ストレスによりうつを患ってしまいます。そんな中、自分らしい生き方を取り戻しますが、新たな試練が襲ってきます。阪神淡路大震災から半年後の西宮市を舞台に、多くの試練を乗り越え生き抜く主人公の実話に基づく感動の物語(シネマ)です。

 日時 令和元年12月7日(土曜日) 14時20分開演 相生市PTCA活動実践発表会(13時00分)の第2部として開催します。

 会場 扶桑電通なぎさホール(相生市文化会館) 大ホール

 入場無料 事前申込必要なし

 一時保育あり 11月29日(金曜日)までに予約が必要

令和元年人権ふれ愛シネマチラシ [PDFファイル/172KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロード<外部リンク>してください。(無料)