ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 矢野小学校 > 平成26年7月17日 1学期の校内朗読会

平成26年7月17日 1学期の校内朗読会

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

1学期の校内朗読会

 日本人だから日本語を使えると考えるのは間違いで、日本語の文を書くにしても日本語であいさつするにしても四苦八苦します。日本語の使い方をおぼえるには、英語の場合と同じように、「学習」が必要です。
 校内朗読会は、昨年から始めた取り組みで、今回で3回目になります。回を重ねる度に、上手くなり工夫もなされるようになってきました。詩や文章を繰り返して読み込み、時には暗記して、大きな口を開けて、大きな声で、発音をはっきりと、特に語尾をしっかりと言い、堂々と朗読が出来ました。
 子どもの頃に優れた日本語に数多く接することが日本語教育にとって何よりも大切です。名文や詩を繰り返して読み、暗唱し、歌のように口ずさむうちに、日本語の美しさや力強さや論理性が身についてきます。