ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 矢野小学校 > 平成29年度学校だより7月号

平成29年度学校だより7月号

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月15日更新

  7月に入って、うだるようなむし暑さが続きます。間もなく、子どもたちが楽しみにしている夏休みです。夏休みには、
 子どもたちが普段ではなかなかできないようないろいろな体験や、自由研究・ものづいり・スポーツ・遊びなど、やりた
 いことを決めて、有意義な夏休みにしてほしいと思います。また、家での仕事を決めて、やり通してほしいとも思いま
 す。玄関の靴並べ・食器洗い・水やり・犬の散歩・風呂そうじ・・・。高学年だったら「栄養のバランスを考えた朝食作り」
 もいいかもしれません。自分のできることを決めて、「家族の役に立つ」ひいては「人の役に立つ」経験を積んでもらい
 たいなと思います。

体験活動No.2   着衣泳(水の安全に関わる指導)


  学校での水泳指導が終わりました。最終日の7月4日には、着衣泳を行いました。これは、万一海や深い川に落ちた
 とき、自分の身を守るためにどうすればよいかを知る学習です。水を吸った衣服や靴は大変重いですが、体温低下や
 外部損傷を防ぐためには、服や靴を脱がない方がいいのだそうです。また、服や靴の中に空気が残っていると、その方
 が浮きやすいこともあるそうです。子どもたちは、空気の入ったペットボトルを胸に抱え、背浮きする体験を通して、着衣
 時の動きにくさ、濡れた服の重さを感じとり、いざというときの心構えを学びました。
                        着衣泳 

水生生物調査(3・4年)


  7月7日に、西はリま県民局環境課3名の方に来ていただき、3・4年生が「水生生物調査」という学習を行いました。
 初めにパソコンルームで調査について説明を受けた後、矢野川に出かけて網を使って川の生き物を捕まえました。もう
 一度パソコンルームに戻って、捕まえた生き物を拡大投影機で映しながら説明をしていただきました。捕まえた生き物
 は、メダカ、ヨコエビ、カゲロウ、アメンボ、ヒラタドロムシ、シマドジョウなどです。生き物の種類から、矢野川は「ややき
 れいな水」ということが分かるそうです。とても楽しい活動になりました。
      水生生物調査説明      水生生物調査  

スイートコーンの収穫


  7月13日に、上地区とJAの方々と一緒に、全校児童がスイートコーンの収穫を行いました。毎年の行事でもあり、
 児童は、手慣れた様子で次々ともぎ取っていきます。甘い甘いスイートコーンがたくさん取れました。
     スイートコーン収穫説明      スイートコーン収穫 
   

集会活動  七夕集会


  7月11日に、児童会活動として「七夕集会」を行いました。プログラムは、「七夕の話」「ゲームラリー」「笹飾り」です。
 体育館で話を聞いた後、3階に移動し、運営委員が工夫を凝らして考えてくれた4つのゲームを楽しみました。そして、
 また体育館に戻って、願い事を書いた短冊や飾りを笹に飾りました。
        七夕集会 ゲームラリー様子        七夕集会様子

音読集会~「表現力」を高めるために~


  矢野小学校では、児童の表現力をいっそう高めるために、特別活動の「話し合い活動(学級会)」の授業研究を中心
 に研修を進めています。また、表現し伝える場として、年間を通して「音読集会」や「音楽集会」を計画しています。
  7月12日には、「やおやさんの売り声」という教材を使って「全校音読集会」を行いました。体育館に集まり、縦割りグ
 ループごとに輪になって、6年生が中心となって、読み方の工夫を話し合ったり音読の練習をしたりしました。そして、
 ステージの上で、練習の成果を発表し合いました。分担して読んだり、声の大きさを変えたり、間を開けたり、それぞれ
 の班が工夫を凝らした発表になりました。
  7月18日には、「全校音楽集会」で二部合唱に挑戦します。
                     音読集会 打ち合わせ風景