ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 矢野小学校 > 平成26年度 学校だよりNo.9 1月26日発行

平成26年度 学校だよりNo.9 1月26日発行

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月6日更新

 3学期が始まり、もう2週間が過ぎました。3学期は10週ほどしかないので、日の経つ速さにいくらか焦りを感じます。
 学校では、今、2月1日の学習発表会に向けて、それぞれの学年が練習に励んでいます。歌唱や合奏の他に、生活科や社会科、総合学習などの学習成果の発表も行います。こういう活動を通じて、人前で話す表現力や自信を育てたいと思います。
 学習発表会が終わると、2月24日の縄跳び大会、3月のお別れ遠足と続き、いよいよ3月23日卒業式、24日修了式となります。

【国指定史跡 感状山城跡】

感状山の城跡を6年生が見学

 瓜生羅漢の東の山の上に、感状山の山城跡があります。国指定の史跡で、相生市のホームページには、次の解説があります。

  「感状山城は、相生市矢野町瓜生と森にまたがる標高約301mの感状山の尾根上に築かれていました。規模が雄大で眺望がよく、人の手による破壊などもなく、石垣や建物跡・礎石、井戸跡などの遺構が比較的よく残されているといった点では、播磨地方の代表的な中世山城の遺構であります。」

 1月19日(月曜日)、6年生が感状山に登りました。小雨が降る中を出発しましたが、登り口辺りで雨はやみ、城跡に着いた頃には青空になりました。
 瓜生の花田斉さんに案内をお願いしました。3の曲輪(くるわ)、2の曲輪、1の曲輪と巡り、大手門跡や井戸跡も案内していただきました。城の一番奥にあるIの曲輪は、標高約301m、姫路城などでいう本丸に相当し、城のなかで最も重要なものだそうです。

【平成27年度の児童数と教職員配置についての保護者説明会の開催】

 平成26年から平成32年までの、矢野小学校の児童数(予測値)は下表の通りです。

児童数の推移 本年度、4年生5年生が複式学級ですが、専科の教職員を学級担任にすることによって、事実上複式学級を解消しています。
 平成27年度においては、2年生3年生、5年生6年生が複式学級となります。事実上複式学級を解消するには教職員の増員が必要で、現在、学校は市教委、県教委に対して、教職員の加配を要求しているところです。その結果が、2月下旬には分かります。そこで、2月24日のオープンスクールで保護者説明会を開き、平成27年度の児童数と教職員配置について説明します。説明会の詳しい日程は後日お知らせしますので、ご参加いただきますようお願いします。

【わくわく給食会】

わくわく給食会

 学校給食を広く市民に提供する「わくわく給食会」は、1月22日豆腐づくりのボランティアのみなさん、2月1日自治会や学校評議員等のみなさんにご参加いただく予定です。この2回をもって本事業は終了します。
 年間6回の実施で、70食ほどを提供することができました。ご参加いただいたみなさんには、感謝申し上げます。ありがとうございました。