ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 矢野小学校 > 平成25年度 学校だより No.7(11月19日発行)

平成25年度 学校だより No.7(11月19日発行)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月26日更新

 11月に入り、随分秋らしくなりました。校庭の銀杏の葉があざやかな黄色になり、秋の深まりを感じさせます。
 11月は、上旬に5年生の自然学校と6年生の修学旅行を実施しました。

西はりま天文台公園 自然学校は、11月4日(月曜日)から8日(金曜日)まで、佐用町の西はりま天文台で行いました。この天文台は兵庫県立大学の付属で、一般の人たちが見ることのできる望遠鏡では世界最大の2m反射望遠鏡です。
 今年の自然学校は、時候は寒かったですが好天に恵まれ、また観測時間帯に月が出ていなかったおかげもあり、肉眼でも満天の星をながめることもできました。天文台の望遠鏡は、ニックネームを「なゆた」と言います。「なゆた」の観望会は一般の人たちもたくさん参加しています。自然学校二日目、子どもたちは一般の人たちに混じって、珍しい星々をたくさん見ることができました。
 自然学校では、他に、基地づくりとか、火起こし体験、野外炊飯、竹細工、佐用高校での農業体験など、普段の学校生活では行うことのできない体験を積むことができました。
 今年の自然学校で感心したことはたくさんありますが、その一つに子どもたちの持ち物や荷物がきちんと整理されていたということです。脱ぎ散らかしたシャツや靴下が部屋に散乱しているのを自然学校ではよく目にしていましたが、子どもたちは自分の持ち物の管理がよくできていて、荷物をいつも一つに整理していました。

修学旅行 修学旅行は、11月13日(水曜日)、14日(木曜日)、奈良と京都に出かけました。
 13日は、飛鳥の法隆寺、奈良公園の春日大社、東大寺などを、14日は京都の清水寺、銀閣寺、金閣寺などを巡り、最後に京都太秦にある東映映画村で遊びました。
 6人の子どもたちは、社会科の歴史学習で見学地を詳しく調べていて、現地で実際に見たり説明を聞いたりすることによって、事前に学習していたことがより確かななものになったように思います。旅行で学んだことは新聞の形にまとめるということなので、それを読むのが今から楽しみです。
 修学旅行でも感心することがたくさんあって、例えば二日間いちばんお世話になったガイドさんや運転手さんに、バスを乗り降りする度によくあいさつができていました。

 11月は、まだ半分しか経っていませんが、他にもみじ祭り、若狭野小学校との合同の授業など行事がたくさんありました。

11月の行事

マラソンの練習 
  11月18日(月曜日)から全校マラソン練習をはじめました。12月に全校マラソン大会を計画していて、それに向けて12月5日(木曜日)まで、学校周りを走ります。
 マラソンの得意な子も苦手な子も、自分なりの目標を設定して練習します。練習の記録をカードに記入して、少しずつ目標に近づくよう力を付けていきます。
 マラソン大会は、12月6日(金曜日)、10時30分からです。近日中に大会の要項をご案内します。
 なお、一部県道を走りますので、事故がないよう、先生の立番を多くしてします。