ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 矢野小学校 > 平成25年度 学校だより No.5(9月3日発行)

平成25年度 学校だより No.5(9月3日発行)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月18日更新
 矢野川中学校区の5校園(矢野川保育所、矢野川幼稚園、矢野小学校、若狭野矢野川中学校区連携教育小学校、矢野川中学校)で、昨年12月に、生活アンケートを実施しました。それによると、子どもたちの生活実態に、次のような傾向があることが分かりました。
     (1)あいさつをする、家庭の会話がある、ルールを守る、ということがとてもよくできている。
 一方、
     (2)「メデイア(テレビ・ゲーム・ネット・メール等)」を使っている時間が長い。
     (3)読書の時間が少ない、家庭学習の時間が不十分、成長段階に応じた睡眠時間が確保できていない。

という問題点も、見えてきました。
 そこで、矢野川中学校区の5校園では、一学期に、右のようなチラシを作り、PTA会員様に配付したり、自治会の回覧をお願いしたり、公民館等にポスターを掲示していただいたりしました。
 そして、この度、「ノー・メディアデー」の取り組みを行うことになりました。

「ノー・メディアデー」ノーメディアデーのチャレンジカード


 近年の情報社会の進展は、社会や経済だけでなく、私たちの日々の生活も大きく変えました。一人一台の電話が当たり前の時代になり、それに伴い、子どもたちの生活も大きく変わろうとしています。
 情報社会は新たな可能性を秘めています。しかし、新たな心配事も生じさせています。幸い、本校区では、ネットいじめや動画投稿による人権侵害などの深刻な問題はありませんが、読書時間の減少、家庭学習が不十分、睡眠不足といった問題があります。
  そこで、毎月第2水曜日を『ノー・メディアデー』とし、この日は、家族の対話を進んで行ったり、家族みんなで読書にチャレンジしたりしていただきたいと思います。具体的な取り組み方法は、近日中に、チャレンジカードを配付して説明いたします。

教職員の異動について

 別紙案内文でお知らせしています通り、福永由美子先生と梅本千賀子先生の病気療養のため、中津雄先生と山本真智子先生が着任いたしました。新たな着任とは言え、お二人の先生ともに矢野小学校の子どもたちをよく知る先生で、とても緊張しながらも張り切っています。どうかよろしくお願いいたします。
 なお、1学期末に実施できなかった2年生の個別懇談会は2学期末に実施いたします。

矢小校区防災訓練のお知らせ

 相生市が行う矢野小学校区防災訓練が、来る11月30日(土曜日)の午前中に行われることになりました。この訓練は、小学校区毎に3年に一度行うもので、この日は自治会や消防団も参加するとのことです。
 なお、11月30日(土曜日)は給食も実施する全校登校日とし、12月2日(月曜日)を代休としま。

相生市民さわやかあいさつ運動相生市民さわやかあいさつ運動

 相生市が行っている「相生市民さわやかあいさつ運動」について、矢野小学校も取り組みに参加しています。
 1学期に募集のあったあいさつ標語には全児童が応募し、この度、4年生の吉田花音さんの「あいさつは みんなをつなぐ 心のあくしゅ」が最優秀作品に選ばれました。
 作品は、横断幕になって、今、学校校門脇に掲示しています。学校東側を通られるときには、一度ご覧になって下さい。
  また、家庭や地域においても、さわやかなあいさつの声が響きますよう、どうぞよろしくお願いいたします。 

※ 印刷物で配布しました学校だより9月号で、最優秀作品の作者を間違えてお知らせしました。正しくは、4年生の吉田花音さんです。関係する児童と保護者のみな様には、深くお詫び申し上げます。
 ホームページ上ではこの場で訂正しますが、印刷物では学校だより10月号で訂正とお詫びを致します。なお、児童には児童集会で、校長より、訂正とお詫びを致しました。