ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 矢野小学校 > 平成25年度 学校だより No.4(7月2日発行)

平成25年度 学校だより No.4(7月2日発行)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月8日更新

 校長室の書棚に「矢野ふるさと散歩」という小冊子を見つけました。「編集 松本恵司」「発行 矢野町まちづくり推進委員会」とあります。矢野町の多くの社寺や史跡を写真と解説文で紹介したもので、その中に、今は廃村になってしまった黒藏の絵地図と黒藏の今の写真がありました。「釜出の奥に、黒藏と菖蒲谷という二つの廃村がある。黒藏は、榊村の枝郷で、(中略)昭和30年代まで、榊や釜出の人が耕作していた(後略)。」と解説文にあります。
 「黒藏」は「くろぞう」が訛って「くろうぞ」「くろうど」とよんでいたように記憶しています。私が中学一年生の時、というと昭和43年になりますが、学校の野外活動で、釜出から入り、黒藏を抜け、榊に下りたことがありました。その時の記憶では、黒藏には水田が何枚も残っていて、まだ住めそうな家屋も数軒建っていました。三濃山の廃村が昭和48年ですから、同じ頃までは黒藏でも米作りが行われていたのでしょう。
 それから半世紀近くが過ぎ、現在の黒藏の写真には、私が記憶する当時の面影がありません。解説文には、「道は荒れている。」「(西黒藏の)辺りは道が判然としない。」とあります。確かに、黒藏は三濃山ほど知名度はありませんが、このまま忘れ去るのは寂しく、この「矢野ふるさと散歩」を片手に、釜出から黒藏を抜け榊へハイキングしてみたいものだと思いました。

岩崎ナーセリー、坂本牛舎見学

岩崎農園坂本牛舎 

 2年生の生活科の勉強に、地域学習があります。校区の町探検をして、町の様子、道路や地形、人々の生活や仕事などを調べる学習です。 6月7日に上地区の岩崎ナーセリーさん、18日に真広地区の坂本さんの牛舎を見学させていただきました。ありがとうございました。
 「郷土の自然や文化に触れる地域学習の推進」というのは、本校の大切な教育目標です。今後も、それぞれの学年が地域に出かけていきますので、よろしくお願いします。

選書会

 6月21日(金曜日)、全校選書会を行いました。
 選書会というのは、本屋さんが持ってこられた本の中から、子どもたち自身が読みたい本を選び、学校の図書として購入するというものです。 思い思いの本を手に取り、しっかり吟味しながら、気に入れば購入希望のシールを貼っていきました。
 先生任せではなく、自分が選んだ本を購入できるので、読書に対する自主的な構えが培われます。
 購入予算はPTAのご協力で賄うことができ、子どもたちは、全部で79冊を選びました。

選書会

水泳指導

 5月20日にプール清掃をすませ、6月20日のプール開きを待っていたところ、雨で待たされ、6月24日(月曜日)、やっとプールに入りました。
 この日は朝から晴れていて、次第に日差しが強まり、絶好の水泳日和になりました。プールには子どもたちの歓声が響きました。
 今年は、全校水泳を実施しています。45人の子どもたち一人ひとりの泳力に合わせて、全教職員で指導しています。

プール開き

資源回収は、7月14日に変更

 すでに学年便り等でお知らせしている通りですが、当初7月21日に予定していました資源回収は、7月14日(日曜日)に変更になりました。