ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校の沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

 

昭和29年 4月 1日相生市立双葉中学校創立
昭和30年12月22日校旗新調
昭和32年 1月30日校歌制定(作詞:小野 十三郎/作曲:川澄 健一)
昭和41年10月26日県指定道徳教育研究会会場
昭和42年 8月28日近畿保健担当教員研究会開催
昭和42年10月 8日中学校発足20周年記念式典
昭和43年11月 7日文部省指定道徳教育研究会開催
昭和46年 8月 9日県中学校総合体育大会 会場校
昭和49年11月16日西播中学校技術家庭科研究会会場
昭和51年11月11日文部省指定教育課程研究会開催
昭和53年 1月20日昭和52年中学校新規採用教員授業研究会 会場校
昭和55年6月20日西播中学校社会科研究会開催
昭和56年11月23日県中学校書写教育研究会開催
昭和58年11月17日西同教指定同和教育実践発表会開催
昭和59年10月6日西播中学校数学科研究会開催
昭和59年11月29日西播中学校社会科研究会開催
昭和62年10月22日県中学校技術家庭科研究会開催
昭和63年10月18日県中学校理科科研究会開催
平成元年11月21日西播中学校社会科研究会開催
平成 3年 8月21日陸上競技全国大会出場(宮崎大会)
平成 3年10月30日西同教指定地改対教育実践発表会開催
平成 4年 4月15日グアム島よりアメリカ中高生来校し、交換会開催
平成 4年 8月31日コンピュータ教室新設
平成 4年10月18日第23回ジュニアオリンピック陸上競技大会出場
*以後、3年間出場
(男子4×100mジュニアリレー 全国第3位入賞)
平成 4年12月 9日生徒会・吹奏楽部・コーラス部合同で「愛老園」を訪問し、
『ふれあいコンサート』開催
平成 4年12月10日法務省並びに全国人権擁護委員会連合会より
「全国中学校人権作文コンクール」で感謝状受賞
平成 5年 5月 6日平成5・6年度文部省指定道徳教育推進校となる
平成 5年10月29日第24回ジュニアオリンピック陸上競技大会出場
平成 6年 7月 2日家庭地域連携「花ふる運動」(市花コスモスの花つくり)実施
平成 6年10月26日文部省指定道徳研究会発表会
(小中連携=双葉中学校・双葉小学校)開催
平成 6年11月 4日第25回ジュニアオリンピック陸上競技大会出場
平成 6年12月 1日頭髪規定見直し改定(生徒総会、保護者説明会等)
平成 7年 1月17日兵庫県南部地震  震度7
(生徒会、教職員、PTAより義援金)
平成 7年 6月29日「双中の仲間を考える会」(心肺蘇生法実技講習)開催
*以後、毎年継続開催
平成 7年 8月19日陸上競技全国大会出場(山梨大会)
平成 8年 4月18日安全教育講演会・心肺蘇生法実技講習会開催
平成 9年 1月29日防災訓練実施(起震車体験・防災講話等)
平成 9年11月 5日カウンセリングルームとふれあい教室新設
平成10年 4月 1日平成10・11年度文部省指定スクールカウンセラー活用調査研究校
平成10年10月21日中西播地区中学校国語科研究会開催
平成11年 6月22日双中の仲間を考える会(心肺蘇生法実技講習会)開催
平成11年 9月 2日教育課程研修会(新教育課程研究、「総合的な学習」試行を始める)
平成11年10月27日西同教・市教委指定人権教育実践発表会開催
平成11年11月26日ふるさとネットワーク事業講演会開催
*以後、3年間継続開催
平成12年 6月13日双中の仲間を考える会(心肺蘇生法実技講習会)開催
平成13年 3月 1日コンピュータ新機種整備(ネットワーク活用可へ整備される)
平成13年 4月 1日新学習システム推進校(少人数授業など
きめ細やかな指導の推進)となり研究推進
*以後、継続中
スクールカウンセラー配置され、配置事業調査研究推進
*以後、継続配置中
平成13年12月 6日双中の仲間を考える会(心肺蘇生法実技講習会)開催
平成14年 4月 1日週5日制完全実施  新教育課程完全実施
新学習システム推進校(少人数授業などきめ細かな指導の推進)
平成14年11月27日市教委指定「総合的な学習の時間」実践研究発表会開催
平成15年11月24日創立50周年記念式典
平成18年 9月 1日上履き完全実施
平成19年 4月24日AED設置・全国学力学習状況調査実施
平成20年 4月 8日体育館改修工事開始
平成20年10月22日双葉中学校区人権教育実践発表
平成21年3月1日校舎耐震工事開始