ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 相生市新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ
市長メッセージ等
新型コロナウイルスワクチン接種
新しい生活様式
特徴・予防・相談窓口
避難所における対策
各種支援策
学校・イベント・施設情報
健康管理に関する情報
団体・企業の取り組み
人権について
庁内の対応
その他
関連リンク

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月15日更新

新型コロナウイルスワクチン接種を開始します

【65歳以上の高齢者の方の接種】
5月3日(月・祝)より、医療機関はI H I播磨病院から開始します。
 (今後、下記の医療機関でも実施します。)

予約の受付は、4月20日(火)8時30分から開始します。

予約方法
スマートフォン等パソコン等予約専用電話
         予約方法新型コロナウイルスワクチン予約<外部リンク>TEL 23-7167
(平日8時30分~17時15分)

 (現在、病院では予約受付できません。)

○ワクチンの接種費用は、無料です。

※ワクチン接種は、皆さんに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは、強制ではありません。しっかりとワクチンの効果等をご理解いただいたうえで、同意された方に限り接種を実施します。


今回の予約はワクチンの供給量に限りがあるため、予約が接種可能人数に達した場合は、一旦予約を停止しますが、今後、ワクチンの供給が安定すれば、順番をお待ちいただく方々にも、順次接種を受けていただくことができますのでご安心ください。
 

【接種実施可能医療機関】
病院診療所およびクリニック

・ I H I 播磨病院

・ 半田中央病院

・ 魚橋病院

・ 相生市民病院

・ 半田クリニック
・ 栗尾整形外科
・ はぎの内科クリニック
・ 尾崎内科クリニック(通院中の方のみ)
・ ノア整形外科クリニック(ワクチンの供給が安定してから)
・ 酒井医院(ワクチンの供給が安定してから)

※各医療機関によっては、接種時期が異なりますのでご了承願います。
※往診で接種可能ですので、各医療機関にお問い合わせください。
※できるだけお近くの医療機関やかかりつけ医により安心して接種できるよう、多くの医療機関にご協力をいただいております。

相生市医師会長ワクチン接種体験談

 相生市医師会長の西川梅雄先生が、市民の皆さんに安心して新型コロナウイルスワクチンを接種していただきたいと、接種後の体験をお話しされました。

 『新型コロナウイルスワクチンは、インフルエンザワクチンのように皮下注射ではなく、筋肉内注射です。注射針を刺した時やワクチン液が入る時の痛みはほとんどありません。発熱や頭痛、下痢などの症状もなしでした。接種した日の夜から徐々に痛みが出てきて、就寝の際、接種した側の肩を下にすると、痛みを感じます。注射した筋肉全体に「腫れた感じ」はありますが、実際に赤くなったり、腫れたりすることはなかったです。2日目は、朝から接種側の手を上げる時に肩の痛みを感じます。注射したところを押さえると痛みます。3日目になると、痛みはほとんどなくなり、「腫れた感じ」も消えました。他の職員に聞いてみると、60~70歳代の高齢の方ほど痛みは少ないようです。』

先生の体験から、個人差はありますが、やはり3日間程度は痛みが発生するようです。
さらに先生は、『接種をすることが最優先であり、今回のワクチンは安全性も高いものと考えている。
市民の皆さんも是非接種をしていただきたい。』と言われました。


~国からの指示等により掲載内容を随時更新します~

接種対象者

 相生市に居住する(住民登録のある)16歳以上の者 (※「臨時の予防接種実施に掛かる厚生労働大臣の指示」より)

接種期間

 令和3年2月17日から令和4年2月28日まで (※「臨時の予防接種実施にかかる厚生労働大臣の指示」より)

優先順位

 
接種対象者

(1)  医療従事者等

   新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む。)に直接医療を提供する施設の医療従事者など   

(2)  高齢者

   令和3年度中に65歳以上に達する方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
   (注)ワクチンの供給量・時期等により、さらに時期を分けることもあります。

(3)  基礎疾患を有する者

   昭和32年4月2日以降に生まれた方のうち、以下の病気等で通院・入院している方

   ・  慢性の呼吸器の病気
   ・  慢性の心臓病(高血圧を含む。)
   ・  慢性の腎臓病
   ・  慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
   ・  インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
   ・  血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
   ・  免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
   ・  ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
   ・  免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
   ・  神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
   ・  染色体異常
   ・  重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
   ・  睡眠時無呼吸症候群
   ・ 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
   

   昭和32年4月2日以降に生まれた方のうち、基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

(4)  高齢者施設等の従事者
(5)  60歳から64歳の者
(6)  その他の者

ワクチンの種類

 新型コロナウイルスワクチンについて、国は現在製薬会社3社のワクチン提供を受けることの契約締結または基本合意に至っています。
 各ワクチンは2回接種で、1回目と2回目は同じ製薬会社のワクチンを接種する必要があります。

各ワクチンの特性

 
製薬会社名ワクチンの種類接種回数接種間隔
ファイザー社mRNAワクチン2回21日
アストラゼネカ社ウイルスベクタワクチン2回28日
武田/モデルナ社mRNAワクチン2回28日

接種当日の持参物等

 1 接種券(シールは剥がさずに台紙ごと)

 2 本人確認書類(運転免許証、被保険者証等)

 3 予診票(1回目のファイザー用は接種券に同封しています)
   できるだけご自宅でご記入しておいてください。

 4 お薬手帳や服薬がわかるもの

 ※持病のある方などは、かかりつけ医に接種についての確認をしておいてください。

 ※介助やサポートが必要な方は付き添いの方とお越しください。

 ※肩を出しやすい服装でお越しください。

注意事項

○ 新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと [PDFファイル/6.06MB]

○ 新型コロナワクチンを受けた後の注意点 [PDFファイル/707KB]

○ 血をサラサラにする薬を飲まれている方へ [PDFファイル/563KB]

相生市コールセンター

0791-23-7167(平日8時30分~17時15分)

お問い合わせ先

新型コロナウイルスワクチン接種対策室

電話番号 : 0791-23-7167  
Fax番号  : 0791-23-4596 

新型コロナワクチンについて<外部リンク>

新型コロナウイルスワクチンQ&A<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロード<外部リンク>してください。(無料)